まず精子を調査!【精液検査の方法と費用】今や自宅で出来るキットも

不妊検査

 

スパーム
スパーム

自分の精子が大丈夫なのか知りたい。

精液検査ってどこでどうやってやればいいの?

精液検査って費用はどれくらいなの?

自宅でもできる精液検査でおすすめなもの教えて。

精液検査で何がわかるの?

こんな疑問にお答えします。

精液検査をしようにも、どこでどうしたらいいのか不安だと思います。

私は何度か経験しましたが、やはり初めての時は恥ずかしさがあったことを覚えています。

どんな理由であれ精液検査を受けようと決心したあなたは素晴らしいです。

パートナーである奥様のためでも自分のためでも結果として子作りへの可能性を確かめるいいチャンスです。

この記事でわかること
  • 精液検査の方法、流れや費用がわかる
  • 自宅でも簡単にできる精液検査キットがわかる
  • 負担の少ない男性から検査をして、精子の状態をチェックすることで、妊娠を安心して目指すことができ、結果、妊娠の確率が上がる

不妊検査はもちろん男女で違うわけですが、女性の場合は身体的にも精神的にも負担がかかります。

夫婦二人で検査にいくのがベストですが、奥様の事を気遣ってまず初めに旦那様だけで精液検査を受けるのもいいと思います。

どこで精液検査をするのか?

まずどこで精液検査を受ければいいのでしょうか?

普通の流れですと夫婦で奥様が通っている産婦人科へ行き検査になると思いますが、婦人科の場合は男性不妊専門ではありません。

男性一人の場合は泌尿器科で検査を受けるか、男性クリニックで受けるべきです。一番いいのは婦人科と泌尿器科が一緒になっている病院で夫婦そろって受けるのがベストです。

ただし、男性不妊専門の医者というのは日本では50人ほどしかいないそうです。

どうしても専門医に診てもらいたい場合は別ですが、二人で通院できる範囲内で探して受診することをお勧めします。

不妊治療を始めると時間とお金がかかります。移動も短くて楽な方が後々後悔しません。

精液検査の方法

 

では精液検査とはどういうことをするのでしょうか?

睾丸やペニスに注射をして検査をするなんて思っている人もいるかもしれませんが、病院やクリニックから渡された容器にマスターベーションで精液を全量射出します。

要は病院でオナニーをして精液を全部提出してくださいということです。

女性の検査等に比べたら身体的に全く負担がかかるものではないので安心してください。

射精するためのルーム(メンズルーム)がありますので必ず鍵をかけてください。

そこにはDVDが用意されているのでそれを見ながら射精するのですが、もちろんスマホで自分のお気に入りの画像や動画を使用してもいいです。

ただし、音だけは注意してください。防音な所はあまりないと思いますので音が漏れてしまいます。用意してあるヘッドホンをつけるか、消音で動画を見てください。

禁欲期間は長すぎてはいけないので2〜5日程度が多いですが、具体的な期間を指定されることもあるので、病院やクリニックの指示に従ってください。

理想の禁欲期間に関しては知っている人だけ妊娠に近づく!【理想の禁欲期間は何日?】で詳しく説明しています。

精液の量、精子の数、運動している精子の数などを顕微鏡で観察し、WHOの基準値と照らし合わせて自然妊娠が可能か検討します。

なお、体調やストレスなどで精液の状態は大きく変わるため、よくない結果が得られた場合には2〜3回検査を行うこともあります。

精子は毎回同じ状態ではありません。

疲れ具合で数値が変わったりしますので1回目の結果が良くなかった場合は2回目の検査をしてみることをお勧めします。

容器に精子を取り出したらしっかり蓋をしめます。ここで容器に名前を書いてもらう病院もあります。

他にも精液検査を受けている男性がいたり、他に人工授精を行う予定の人がいる場合、間違いを防ぐために書いておくのがベストです。

男性の不妊検査には精液検査の他にどういう検査があるのか見ていきましょう。

初診時には、問診と診察があり、検査は採血、尿検査、精液検査、超音波検査があります。

採血では、一般検査の他にホルモン、抗精子抗体、染色体を調べています。超音波検査は、精索静脈瘤の有無などを検査します。

私の場合は精液検査のみでした。これは問診と診察での判断や、病院やクリニックでの方針で違いがあります。

男性不妊専門医の病院やクリニックでは下半身裸になり立った状態で触診等を行うところもあります。

こういう診察をするところは非常に信頼ができます。

WHOの精液所見正常値

WHO世界保健機構の精液検査の正常値は以下になります。

これは2010年更新です。

検査項目下限基準値
精液量1.5ml以上
精子濃度1500万/ml以上
総精子数3900万/射精以上
前進運動率32%以上
総運動率40%以上
正常精子形態率(厳密な検査法で)4%以上
白血球数100万/ml未満

この数値を基準にして、あなたの精子に異常があるかどうかが判断されます。

ではこの結果から導き出される男性不妊原因にはどういうものがあるのか見てみましょう?

精液所見から導き出される不妊原因

精液検査でわかる男性不妊症状
  • 乏精子症 精子の数が少ない
  • 精子無力症 精子の動きが悪い
  • 精子奇形症 奇形の精子が多い
  • 無精子症 精液中に精子が1個もみあたらない

精液検査から上記4種類に大別されます。いずれも妊娠するための装備が弱く脆い状態です。これらを改善することが妊娠の確率を高めることに繋がります。

乏精子症

WHOの基準よりも精子の数が少ない場合、この乏精子症になり、もっとも多い症状です。

妊娠するにはたった1匹が卵子に到達すればいいと勘違いしている人がいますが、そうではありません。

集団で卵子の中に入ろうとし、その集団の力を合わせて初めで1匹が中に入ることができます。

ですから最低限の精子の数は絶対に必要となり、数が少ないと妊娠はできません。そしてWHOでは1500万が現在の基準となります。

この1500万というのは自然妊娠できた人で最も精子が少なかったのが1500万だったということから導き出された数字です。1500万いれば必ず妊娠するというわけではありません。

乏精子症に関しては、【精子が少ない乏精子症でも妊娠は可能か?】男性不妊の人の気持ちで詳しく説明しています。

また乏精子症を改善する方法は、精子の数を増やす9つの方法【あなたの努力で改善は可能です】でまとめています。

精子無力症

運動率からわかるものですが、運動率が低いとこの精子無力症に該当します。活発な精子がどれだけいるのか、運動していない精子の数などで判断されます。

精子が卵子に辿り着くまで数多くの難関が待ち受けていて道中で多くの精子が脱落すると学校などで教わったかと思います。

運動率が低いとその難関を通り抜けて卵子までいける絶対数が足りなくなるため妊娠までいかないのです。

自然妊娠と人工授精の場合、特に精子数と精子運動率は重要です。

精子無力症に関しては、精子の運動率が低い精子無力症の原因と治療【本気になれば治せます】で詳しく説明しています。

また精子無力症を改善する方法は、精子の運動率を上げる11の方法【自然妊娠・人工授精には超重要】でまとめています。

精子奇形症

奇形の精子が多い場合、これに該当します。

奇形というと奇形児などを連想させて少し怖いと思うかもしれませんが正常男性の精子の8割は奇形精子なので安心してください。

ただこの数値が96%以上になると精子奇形症になります。正常な形ではない精子が多いと不妊の原因になるのです。

頭部の形に異常がある精子は、DNA情報が正常ではなかったり、前進する力が弱かったりするので、妊娠させる力が普通の精子よりも弱いとされています。

精子奇形症に関しては、精子の形が悪い精子奇形症とは?【胎児に影響が出ないか心配な方へ】で詳しく説明しています。

また精子奇形症を改善する方法は、精子の奇形率を下げる9つの方法【努力で正常精子形態率は改善可能】でまとめています。

正常な精子とは?

正常な精子の形とは、スプーンのような形をしています。精子は形がよく、運動率、数などが多ければ多いほどよいとされています。

精子奇形症であるとこのきれいな形の精子が少なく「核」の部分がつぶれているなど変な形をしています。

健康な男性であっても、精子100%が正常ということはありえません。

正常な人でも精子の中には「奇形」がたくさん含まれているのが現状です。

無精子症

無精子症とは精液中に精子が全く無い状態をいいます。

近年増加傾向にあり、男性の100人に1人は無精子症であるといわれています。

無精子症に関しては、無精子症の原因と治療【精子が1匹でもいれば妊娠できる】で詳しく説明しています。

精液検査の費用

精液検査は各病院や各クリニックで多少の違いはありますがだいたい4000円から5000円になります。

検査費用もそうですが、射精するためのルーム(メンズルーム)を借りて行いますのでその費用が入っています。

上述しましたが、自宅での精液検査キットもありますが、時間の経過や温度、紫外線の影響がありますのでしっかりしたデータが欲しい場合はできるだけ院内での射精を行ってください。

朗報です。あまりにも長時間の間隔を開けなければ郵送精液検査も院内での精液検査も大差がないという論文がありました。それでもしっかり蓋をするなどの管理は必要ですので注意してください。

なんとなく調べたい方や、どうしても仕事でいけない、どうしても恥ずかしくて不安という方は自宅でのキットをお勧めします。

病院へ行かずに精液検査をする方法

病院へ行けない場合は自宅で採取して持っていくのですが、自宅で行った場合、時間の経過、温度の変化、紫外線などの影響がありますので完全なデータとははっきりと断定はできないそうです。

しっかりした結果が見たいのなら病院での射精をお勧めしますが、仕事でいけない、どうしても恥ずかしいし不安、めんどくさいという方もいらっしゃると思います。

そのような方の為に自宅でもできる精液検査キットがあり、ここ最近では研究結果から自宅で行う精液検査と院内での精液検査結果に大差がないということが判明してきています。

研究チームは、米マサチューセッツ総合病院不妊治療センターの精液標本350個を対象に試験を行った。その結果、精液検査キットは異常と判断される精液サンプルを98%の精度で検出できた。判断基準は、精子の濃度と運動性に関する世界保健機関WHOの基準値に基づいた。

出典:https://www.afpbb.com/articles/-/3122424

このような結果にはなっていますが、もちろん用いた検査キットによっては、正確性には多少の違いが生じるでしょう。

また当然蓋をしっかり閉める等の管理は最低でも必要ですし、時間の経過による精子の劣化は当然あると考えるべきですので注意してください。

あくまでも検査キット事態の正確性は院内検査に引けを取らないですよという意味です。

ここでは実際に精液検査キットをいくつか試したことのある私が選んだキットをご紹介します。

私は院内での人工授精と、自宅でも精液検査を同時に行っていました。人工授精をする際に精液所見はわかりますし、自宅でも検査を行っていたのはサプリや生活習慣改善で精子が改善できているかを見極める為に行っていました。

以下にご紹介する精液検査キットは私が際に試して、院内での精液所見と大差がなかったと感じたものだけに絞りましたので安心してください。

ベビーライフ郵送精子検査キット

実際にベビーライフの精子検査キットを利用していました。

毎月の自分の精子力を知りたかったことと、病院での精液検査より安く、時間的にも効率が良かったからです。そして何より結果が届くのが早かったです。

日々の精子の状態は変化していますので一定にはなりません。ただ、病院での数値と大差がなかったのでベビーライフの精子検査キットは他の郵送精子検査キットよりも信頼できると思います。

上記リンクから公式サイトへ入ります。少し下、「郵送精子検査サービスについて」の右下、「ベビーライフ研究所の郵送精子検査」から注文可能です。

私は何種類か精液検査キットを試しましたが、最終的にベビーライフのキットに落ち着きました。当然精子数や運動率などもわかりますので数値で精子の状態を把握できます。

Amazonや楽天では取り扱いがありません。

OES郵送精子検査キット

情報番組とくダネでも取り上げられた精子郵送検査キットです。

上記ベビーライフ同様、数値で精子の状態がわかり、値段も抑えられています。創業から10万人以上の方々が利用していますので信頼と実績はあります。

私個人的には写真等の画像や動画は不要であると思っているのでデータのみの検査を行いましたが、初めての男性は1度は自分の精子を見たい気持ちもあるかもしれません。

その場合、多少値段はあがりますが、写真付きのOES検査キットを選択してください。

メンズルーペ

なんといっても有名で、安く、自宅にいながらその場ですぐに見ることができる精子観察キットです。

子供を授かれるのかどうか不安、まだ未婚で年齢が40歳前後の男性は、自分の精子が無事いるのかどうかだけでも早目に確認しておくのが良いと思われます。

詳しい数値まではわかりませんが、これから妊活を始めようと考えていたり、結婚する男性は精子の有無だけでも手軽にわかるので1度はやってみる価値はあります。

尚、TENGAが発売している精子を育てるテンガサプリとセットだと格安ですし、精子を育てながらその観察が可能ですので、もし精液所見が悪かったり、観察結果が悪い場合は公式からの購入だとかなりお得になります。

テンガサプリについては、TENGAサプリの効果・成分徹底解説【妊娠を目指す男性におすすめ】で詳しく解説していますので参考にしてください。

これら精液検査キットについてまとめていますので、【体験済】自宅で精子が見れるおすすめ精液検査キット3選プラスαをご覧ください。

まとめ

まとめ
  • 男性不妊検査は奥様と一緒に婦人科へ行くか、泌尿器科での検査になるが、婦人科と泌尿器科が一緒の病院がベスト
  • 精液検査は痛みもなく、男性の場合は非常に簡単
  • 自宅でできる精液検査キットもあり、病院へ行けない、面倒、恥ずかしい、なんとなく調べたい人にはおすすめ
  • 検査キットはものによるが院内の精液検査と大差がない精度
  • 精液検査費用は一般的には5000円程度
  • 夫婦そろって一緒に病院へ行くことが一番良い

男性は女性よりも病院へ行く機会はどうしても少なく、それ故、精液検査に行くことへの厚い壁があると思います。

私の場合は妻が通っていた婦人科へ一緒に行って検査を行ったのが最初です。初めて行くときは緊張もしました。なにせ女性しかいないのが普通ですから。

受付は女性スタッフですし、精子カップを渡すのも女性スタッフでした。戻ってきたら待合室で待っている女性の方々に変な目で見られるという怖さもありました。

しかし、中には私たちと同じように夫婦で来ている人も何名かいて多少安心したのを覚えています。

同じように不妊で悩んでいるのか、ただ奥様の付添で来ていたのかはわかりませんが、婦で行くことは非常に意味のあることだと思います。

よくよく考えれば、子供ができない不安に比べれば精液検査で精子を出すくらい微々たる不安ではありませんか?

乏精子症と診断はされましたが、そこである意味吹っ切れました。恥ずかしさはそこで捨てて、子作りのため、何でもやると決めたからです。

もし旦那様を連れていく場合、奥様は旦那様がこんな気持ちを抱いて不安がっていることを知っていてください。

逆に、旦那様は、奥様だけが不妊治療で通っていることがどれだけ大変かを知ってください。

  • なかなか子供ができない
  • これから結婚するけどちょっと年齢がいっている
  • 未婚で精子を調べたことがない
  • 精子がいるかどうか不安

こんな人は絶対に旦那様から検査を受けるべきです。

 

参考文献

タイトルとURLをコピーしました