【自宅から郵送で超簡単】安心おすすめ性病検査キット4選

不妊検査

 

スパーム
スパーム

これから子作り予定なのですが性病検査ってした方がいいの?

病院へ行って性病検査するのが恥ずかしいし、面倒なので自宅でも簡単にできる性病検査を教えてください。

性病検査キットって正確なの?信じて大丈夫?

こんな疑問にお答えします。

男性不妊の原因にもなる性病STD。

今ではわざわざ病院に行かずに自宅で郵送検査キットを利用して性病検査を受けることができます。

この記事でわかること
  • 性病検査が夫婦と妊娠に大切ということが理解できる
  • 自宅でも出来る安全な性病検査キットがわかる
  • 早期検査をすることで、異常があるなしに関わらず、結果的に妊娠への安心と確率を上げることができる

性病の危険性

性病は危険、危ないイメージは誰にでもあるとは思いますが、どんな人であれセックスの経験があれば誰にでも感染しうる病気です。

彼氏彼女ができたとしても相手に性病大丈夫?なんて聞いたりはしませんよね?相手のことを信頼して性交渉を行うはずです。

性病は自分以外の人に知られたくない病気です。そしてその知られたくない気持ちが性病の蔓延を招きます。

なぜ性病は蔓延してしまうのか?

性病が蔓延する3つの原因
  • 間違った情報の氾濫
  • 性病の治療をしない
  • 治療を途中でやめてしまう

①間違った情報の氾濫

今ではインターネットで簡単に情報を手にすることができます。

それ故、中学生や高校生の性病割合が昔に比べて格段に上昇しています。

AVの内容をそのまま鵜呑みにしてしまうことも危険につながります。

 

②性病の治療をしない

「性病になってしまったかもしれない」このことをパートナーである相手に打ち明けるには相当の勇気が必要です。

もしかするとそれが原因で関係が終わってしまうこともあります。

そのため、性病になったことを隠し、治療せず、そのまま相手に感染させてしまうことが非常に危険です。

 

③治療を途中で辞めてしまう

多くの性病はしばらくすると自覚症状がなくなってしまいます。

完治する前に治療を辞めてしまうことが危険です。

しっかり再検査を行い、感染の疑いがないと診断されるまでは続けるべきです。

性病の末期症状はこうなります

性病の中でもとりわけ蔓延が横行している5大性病をまとめました。

性病を放置しておくと将来にも影響していくことが理解できたでしょうか。

性病に関しては、決して侮るな!【男性不妊になる2つの性病】最悪無精子症になりますで詳しく説明しています。

一部の性病は放置しておくことで不妊の原因になります。

精子の質が大きく低下して、これから子供を望んだとしても性病が原因で子供を授かることができないケースも当然あります。

性病検査の必要性

性病検査はパートナーである相手と自分自身のために絶対に必要です。

これから結婚を考えていてその相手との間に子供を希望している場合にも絶対に必要です。

女性の場合は妊娠したら検査の1つに性病検査があるのですが、治療しないまま出産すると赤ちゃんが結膜炎や肺炎になることがあります。

性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、エイズも分娩時に感染する可能性が高いので、帝王切開をする可能性が高まると考えてください。

男性が性病に感染していたからといって、男性側から胎児に影響がでるということはありません。

ただし、女性側が性病だった場合の胎児への影響は大きいので、男性が性病を女性に移してしまうことを考えると、結局、男女ともに性病検査を行って、性病ではないことを確認してからの方が安全です。

ちょっとした不安でも妊娠を目指す場合はそれが重荷に感じることがあります。事前にそういう不安は払拭しておくことが一番です。

ただ、上述したように、性病のことは他人には知られたくない内容です。

また病院に行くのにも勇気が必要です。そのために自宅でできる性病検査キットがあります。

性病検査キットの正確性

一番気になる内容ですが、自宅で出来る性病検査キットの正確性はどれくらいなのでしょうか?

病院で性病検査を行う場合、尿検査と血液検査を行いますが基本的には血液検査だけで今では全て判明します。

そして病院内で採取した血液を検査していると思われがちですがそうではありません。

採取した血液を専門のラボに郵送して、その数値結果がデータとして医師の元に送り返されます。その数値データを医師が判断して性病を判断しています。

ですので、性病の郵送検査キットも結局は同じことです。

採取した血液等を郵送して、データと一緒に医師が判断した結果が送られてきますので、病院での性病検査結果と同様の正確性と言えるのです。

性病検査キットの使い方と流れ

ほとんどの方が性病検査は初めてでしょうから基本的な検査キットの使い方と流れをご説明していきます。

性病検査キットの申し込み

WEBサイトから希望の商品と数量を選択して性病検査キットの申し込みを行います。

中身が分からないように梱包し、伝票の品名も「日用品」「化粧品」「雑貨」などにしてくれますので安心してください。

自宅で受け取りをしたくない場合には、運送業者の営業所や郵便局で受け取れるサービスもあったりします。

検体採取

自宅で自分の手で検体を採取します。

どんな人でも簡単に採取できるように工夫して作られていますし、手順書説明書も同封されていますので難しい技術は必要ありませんのでご安心ください。

検体を郵送する

性病検査キットの中に入っている申込書と検体を返信用封筒に入れ、返送します。

ポストに投函できる大きさですので安心してください。

検査結果の通知

検査機関に検体が届いてから数日で、検査結果を通知してくれます。

結果はWEB、メール、郵送など自分で選んだ方法で閲覧することができますので安心してください。

検査結果は検体が検査機関に届いてから2・3日で結果が出ます。郵送での返送の場合でも合計して1週間もかかりません。メールやWEBでの結果閲覧でしたらそれよりも早く結果を見ることができます。
性病には潜伏期間があります。性交渉を行ってすぐに結果に反映されるわけではありません。以下に主な性病の潜伏期間を一覧にしておきますのである程度の参考にしてみてください。何かしらの症状があるのであればすぐに検査を行うことを強くお勧めします。
性病名潜伏期間
クラミジア3日~2週間
淋病2日~7日間
梅毒3週間~3か月
トリコモナス3日~14日間
性器カンジダ症2日~7日間
B型肝炎1か月~2か月
HIV1年~10年
尖圭コンジローマ3週間~6か月
性器ヘルペス2日~10日間
毛じらみ1か月~2か月

性病検査キットを使う4つのメリット

病院ではなく自宅で性病検査キットを利用する場合、メリットが4つありますのでご説明します。

性病検査キット4つのメリット
  • 病院へ行くよりハードルが低い
  • 不安になったらすぐに検査できる
  • 周囲にバレる心配がない
  • 検査費用が病院よりも安い

病院へ行くよりハードルが低い

性病検査は普通ですと産婦人科や泌尿器科で検査を行いますが実際は病院での検査に抵抗を感じ、恥ずかしい気持ちもあるため、病院に行きずらいというのが本音です。

また、病院へ行ったとしても待合室にいる人の目をやはり気にしてしまうでしょう。

性病検査キットは自宅に居ながら臨床と同じレベルの性病検査が受けられる商品ですから、わざわざ病院に行く必要はありません。

インターネットから申し込み、自宅で検査が行えるため、性別・年代を問わず気軽に利用できます。

不安になったらすぐに検査できる

病院へ行く必要がありませんから病院へ行く予定を立てる必要もありませんのですぐに自宅で検査ができます。

仕事、学業、家事、育児で忙しくてなかなか通院に時間が取れない人でも数分あれば自宅で検査を行えます。

性病検査キットの販売店では即日発送に対応している事も多いですし、検査結果はWEBやメールで確認もできます。

ですから最短期間で結果を知ることができるのが特徴です。早期発見は性病の重症化を防ぎます。

それ故、最速最短で不安が解消できる検査キットに人気が集まっています。

周囲にバレる心配がない

何よりもこれです。周囲の人にバレる心配がありませんので安心です。

病院を利用した場合医療費のお知らせが自宅に届いてしまいますよね?

これを家族などが見ると簡単にいつどこでどの病院を利用したのかがバレてしまいます。

つまり性病検査を受けたことが明るみに出るのです。

その点、性病検査キットは注文後、中身がわからないよう梱包がされていたり、配送業者の営業所で受け取る事も可能ですので、自宅に届けたくないという人も安心して利用できます。

また結果も郵送返送を希望しなければメールやWEBでの結果通知にすることができますので非常に安心です。

検査費用が病院よりも安い

私は実際に病院で性病検査を受けたことがありますから知っていますが、約2万円かかりました。結構しますよね。

必要と思われる全項目をチェックしたので高額になりましたが、自宅での性病検査キットの場合は必要最低限の全項目をチェックした場合でも2万もかかりません。

さらには病院へ行く手間暇もかからないわけですから時間的にも非常に嬉しく、効率の良い商品だと言えると思います。

おすすめ性病検査キット4選

実際に病院で性病検査を受けたことがある経験からおすすめの性病検査キットを厳選しました。

手軽さ、信用度、評判などを考慮しています。

性病検査キットには種類がたくさんあってわからない人もいるかと思います。

私個人としては、せっかく検査を行うのであれば全項目対応の検査を行った方が良いと考えますが、予算や性病検査を行う理由は人それぞれです。

それぞれに合った項目をチェックして検査キットを選んでいただければと思います。

このサイトは男性不妊に関するものですので男性不妊の原因の1つとして性病への疑いがある場合、最低でもHIV・クラミジア・淋病の3つを網羅しておけば十分と考えます。

予防会 性病検査キット

一番のおすすめキットは予防会の性病検査キットです。


クリニックを運営している医療法人社団が提供している性病検査キットという点が特徴です。

他の性病検査キットは企業と検査所が連携していますが、予防会はクリニック自体が販売しているので安心感が抜群です。

価格はそれほど安いという訳ではありませんが、検査できる性病の項目数が多いため、幅広い性病に対応が可能。

予防会の公式サイトはコチラ

さくら検査研究所 性病検査キット

2番目におすすめする検査キットはさくら検査研究所の性病検査キットです。


SDA法やPCA法といった精度の高い検査方法を取り入れているため、病院と同等の検査を受けることが可能です。

プライバシーマークを取得しているので、個人情報の保護という面でも安心して任せられます。

コンビニや郵便局で後払いができるのが非常に便利です。

さくら検査研究所の公式サイトはコチラ

STD研究所 性病検査キット

STD研究所の性病検査キットが注目されています。

性病検査に特化したサービスで非常に注目されています。

豊富なラインナップが取り揃えられていてどなたも満足する検査を受けることが可能。

手順の説明書はイラスト入りで分かりやすく、自分でも安全かつ十分に検体採取が可能です。

各種検査項目は病院などで採用されている検査方法ですので、検査結果の信頼性が高いのもポイントです。

STD研究所の公式サイトはコチラ

ふじメディカル 性病検査キット


10年以上の実績から安心して依頼できます。

検体は自社の持つ検査所で検査が行われますので最短2日で結果が受け取れるのが嬉しいポイントです。

ふじメディカルでは医療機関と提携しているため、万が一検査結果が陽性だった場合に病院を無料で紹介してもらうことができます。

ふじメディカル公式サイトはコチラ

まとめ

まとめ
  • 性病は悪化することで不妊へとつながり、妊娠の確率を大きく下げてしまう
  • 性病の怖いところは、感染力と潜伏期間があり、自覚症状がないという点である
  • 自宅でも周囲にバレずにできる性病検査キットがあり、その正確性は病院で行う性病検査と大差がない
  • 性病検査キットは病院で行うよりも4つのメリットがある
  • 自宅で性病検査をしたい場合は上記4つから選ぶのが安心である

自宅で性病検査を誰にも知られずにできるなんていい時代になりましたね。

私が性病検査を病院で行った時は自宅で出来るサービスがあることを知りませんでした。

性病は放置しておくと本当に危険なものです。

自分だけが被害に遭うなら自業自得の部分もありますが、問題なのは放置することで深刻化して、奥様やお子様に感染させてしまうことと、これから子供を望んでいるにも関わらず精子に影響して妊娠が難しい状態になることです。

男性のみならず女性も性病には十分注意して、ご夫婦での配慮が必要なものだと感じます。

これから妊娠を目指す場合、真っ先に夫婦で取り組んで欲しいものは性病検査、不妊検査(精液検査)、血液検査(抗精子抗体)です。

どれもそれほど大変なものではありません。血液検査以外はどれも自宅でも可能なものです。

異常がなかったらなかったで安心できますし、異常が見つかったら早期に対応して改善ができます。

一番怖いのはずっと検査をせず、原因があるのにそれに気づかず、闇雲に頑張って子供が生涯できないということです。

年を重ねてからも夫婦で寄り添って幸せな家庭を継続していきたいですもんね。

タイトルとURLをコピーしました