精液の量を増やす7つの方法【あなたの努力で改善は可能です】

精液の量を増やす

 

スパーム
スパーム

精液の量を増やしたい

最近精液量が少ないので改善したい

快感を増大させたいので精液量を増やす方法が知りたい

こんな疑問にお答えします。

まず精液の量を増やすことと、精子の数を増やすことは違います。

例えば、無精子症の男性が射精しても精子はいませんが、精液は出ます。精液が多いからと言って精子が多いとは限りませんし、その逆もしかりです。

今回は精液量を増やす方法に焦点を当てていきます。

この記事でわかること
  • 精液の量を増やす方法がわかる
  • 改善方法を継続することで精液量を増やせる可能性がある
  • 結果、自然妊娠の確率が高まる

精子の正常値・基準値

まずは精子の正常値・基準値を確認しましょう。精子は精液検査を受けることで数値としてステータスが表示されます。

WHO世界保健機構による基準値は以下になります。

検査項目下限基準値
精液量1.5ml以上
精子濃度1500万/ml以上
総精子数3900万/射精以上
前進運動率32%以上
総運動率40%以上
正常精子形態率(厳密な検査法で)4%以上
白血球数100万/ml未満

精液の量を増やすということはその名の通り精液量を増やすことです。

精子のステータスは精液検査によって精液所見(状態)という形で数値化されますが、今では自宅でもある程度は簡単に調べることができます。

自宅でのキットの場合、時間経過による精子の劣化も考えられますが、病院へ行く手間も省けますし、なにより病院で受けるより値段が多少安いというところがお勧めな点です。

また精子は日々、体調等により簡単に状態が変化します。どれだけ精子を溜めているかでも変わりますので、何度が検査をしたほうが良いでしょう。

毎日一定の精子状態である男性は世の中に存在しません。

また、精子を画像等で見ることができるキットは多いのですが、どちらも経験した立場から言わせてもらえば、見てどうするの?です。データだけわかればそれで十分だと思います。

また精液量に関しては精液検査を受けなくてもある程度は自分の目でわかるはずですので、日々の精液量の変化は確認しておきましょう。

精液は精子と精漿から成る

精液に関しては今の医学をもってしてもまだまだ解明されていないことが非常に多く、今になってようやく研究が進もうとしている最中です。

そもそも精液は何でできているのでしょうか?

精液は精子と精漿からなり立ちます。精液=精子+精漿というわけです。精子は肉眼で見ることはできませんが、精子を除いた全ての液体を精漿(せいしょう)と呼びます。

精巣で作られた精子がこの精漿と混ざって射精されたものが精液と言われます。

精子は実働部隊、精漿はサポート部隊とよく例えられますが、精子の使命はDNAを卵子まで届けて生命を誕生させることにあります。

精漿には精子の行動内容に影響を与える成分が多数含まれています。

精子の持久力や動きのパターンに影響を与える成分も見つかっていて、研究では同じ精子でも精漿部分の成分が変わるだけで行動パターンが変わることが分かっています。

現在も研究中なので分かり次第追記していきます。

精液量を増やしたい理由

精液の量を増やしたいと考えている人の理由は2つです。自然妊娠を希望していて、妊娠の確率を上げたい人と、性的快感を増やしたい人です。

自然妊娠には数多くの条件が必要で、その全てが一定以上揃っていることで確率が高まります。

その1つに精液量があり、精液量が多いことで、精子が卵子にたどり着く可能性が高くなりやすいとされています。

人工授精の場合は、精液量はほぼ関係なく、体外受精や顕微授精は尚更関係ありません。人工授精以上になると大切なのは精子数と精子運動率、次いで精子奇形率になるからです。

もう1つの性的快感ですが、射精するときに精液が精管を通る際に男性は快感を覚えます。ですので量が多い方が快感度やその余韻が大きいわけです。

精液の量を増やす方法

精液の量を増やす方法を6つご紹介します。

しかしながら精液の量を増やす確実な方法というものは残念ながら未だわかっていません。

それでも研究や論文等から一定の改善がみられるケースは存在しています。

その中でも最も可能性が高いものとして、栄養バランスのとれた食事や生活習慣に関するものが多いです。

サプリでも一定の改善がみられるものの、精液に関しては今も尚研究が進んでいる段階ということを念頭に置いていてください。

サプリに関しては100%改善するものではありません。

精液の量を増やす方法その1「禁煙」

タバコの悪影響は多大です。妊娠できる力には特に影響していきます。

不妊クリニックを訪れた426名の方を検討。このうち、遺伝上の問題等がない394名の喫煙状態、精液所見、超音波所見、生活習慣の各種パラメータを、喫煙経験なし229名、過去の喫煙歴あり56名、現在の喫煙者109名の3群間で比較。

現在の喫煙者では他2群と比べ、FSHが有意に低く、精液量が有意に少なく、精嚢容積が有意に小さく、正常形態精子が有意に少ないことが認められました。

またこの変化は喫煙本数に比例しています。

タバコは健康面だけでなく精液減少にも関わりますので精子力改善するためには避けては通れないかと思われます。

精液の量を増やす方法その2「運動」

運動することで一定量の改善ができることがわかっています。特に歩行運動であるジョギングをしている男性としていない男性を比べた研究では、その違いが顕著であったという報告があります。

精巣は熱に弱いことは有名です。座り仕事である事務作業や運転関連の仕事の場合、精巣の温度が上がることで精液所見が悪化することが判明しています。

歩行運動をすることで熱がこもることなく、精巣の働きが活発になっている状態にできますので、それが理由ではないかと言われています。

また運動することでダイエットに繋がる点が非常に大きいです。

太りすぎによって精液量が減少することが判明しています。肥満であることで精巣温度が向上し、精液所見悪化に繋がると考えられています。

運動することで様々な恩恵が精液にもあるわけです。

精液の量を増やす方法その3「栄養不足解消」

食べ物が健康や精液に与える影響は大きく、栄養不足が世界中で問題となっています。

WHOが世界中の男性精子が減少したと報告をしましたが、精子だけでなく精液量も減少しています。

はっきりとした原因については言及していませんが、世界中の食生活に変化があったため、一昔前と精液量の違いが生じたと考えられています。

ジャンクフードやレトルト、コンビニ弁当を食べ続けただけでも精液所見は悪化することがわかっており、バランスの良い栄養を摂取することが健康だけでなく、精液量の改善にもつながるのです。

例えば、日本ではエビオス錠という医薬品が精液量をドバドバにすると一時有名になりましたが、ドバドバになることはありませんので嘘だと思います。

しかしながら、エビオスは数種類の栄養素が配合されていて、その中には濃度は薄いですが、亜鉛も含まれています。

そして腸内環境を整えますので、栄養不足の観点から見たら多少の効果は期待できるのではと考えます。

ただし、エビオスと精子について書かれている内容を見ると、数日でドバドバ出るようになったとか、1週間で量が増えたというものが非常に多いのですが、精子は作られてから射精まで88日間もの期間が必要であることを考えると嘘が多いと言わざるを得ません。

精液の量を増やす方法その4「亜鉛」

精子を構成している成分の1つである亜鉛は、アメリカではセックスミネラルと呼ばれるほど生殖機能には重要な成分です。

精子と亜鉛については判明してきているものの、精液に関してはまだまだ研究段階ではありますが、精子形成がなされた精液中の亜鉛濃度は高く、血液中の100倍にもなります。

これだけ高い濃度が精液中にあるわけですから、精液の量に関係がないわけがありません。生物というものは意味のない仕組みにはなっていませんので、必ず理由があります。

男性不妊群は対照群と比べ、精液中の亜鉛濃度が有意に低下(64%減少)していました。亜鉛サプリメント投与により、精液量、精子運動率、正常形態精子が有意に増加しました。

研究でも亜鉛摂取による精液量上昇が確認されているものも存在していますので、精子数だけでなく精液量にも関係しているのがある程度わかるわけです。

精液の量を増やす方法その5「抗酸化物質」

抗酸化物質は不妊治療のスタートとして薬物療法を行う際に、病院やクリニック等で処方されるものです。

精子は活性酸素の影響を受けやすく、そのダメージが精子の質に影響してしまいます。それは卵子も同様です。抗酸化物質はその活性酸素を除去する効果があります。

抗酸化物質は精液量というよりは精子数や精子運動率、精子奇形率に影響があるとされる研究や論文は多いのですが、結果的に精液量が増加したとされる報告も存在しています。

有名なものとしてビタミンE、コエンザイムQ10、リコピンなどがありますが、私個人としては、コエンザイムQ10≧リコピン>ビタミンEの順で期待できると考えていますが、個人差がありますので、色々試してみる価値はあると思います。

精液の量を増やす方法その6「プリマビエ」

あまり聞き慣れない成分ですが、プリマビエの精子への効果が注目を集めてきています。

T.K.Biswas 2010 Feb 42:(1):48-56

プリマビエを90日間投与し総精子数および精液量の変化を比較。総精子数において、10.60million/mlから90日後17.11million/mlと61.4%増加。精液量において、2.13mlから90日語2.93mlと37.6%増加。

3か月のプリマビエ投与により精子数と精液量が増加したことを示すものです。エビデンスとしてはまだまだ不足しているのでこれだけで確証とまではいきませんが、精子数増加には一定の効果を期待できるものです。

プリマビエはTENGAサプリに含まれていることで有名です。

番外編:クレアチン・スペルミン

研究が進んでいる精液内の成分として、クレアチンとスペルミンという名前が浮上してきています。

精液内に高濃度でクレアチンが存在し、スペルミンという新しい物質が見つかったそうです。

ただ、これらに関しては未だそれ以上のことはわかっていない為、研究結果が徐々にでてくるはずです。

クレアチンは筋力トレーニング等で使われる成分ですが、もしかすると精液量が増加するのかもしれませんね。

分かり次第追記していきたいと思います。

まとめ

まとめ
  • 精液は精子と精漿から成り立っている
  • 精液量を増やすには3つの生活習慣の改善と、3つのサプリ成分で一定の効果が確認されている
  • しかし、精液の研究は今も尚進んでいる段階で、その中でクレアチンとスペルミンが発見され、その報告が待たれている
  • エビオス錠で精液ドバドバはまず嘘
  • 栄養不足解消と運動が今のところ最も可能性が高いと思われる

日本人の場合ですが、精液量は2~3ml程度と言われています。これはどれくらいかというと計量スプーン程度、コットンに出す化粧水程度です。

少ないですよね?でも1.5ml以上あれば正常値なのです。

ちなみに睾丸の大きさと精液量は比例します。かといって睾丸を大きくする方法は私は知りませんし、大きくしたいとも思いません。

精子力はあなたの努力で改善が可能です

私は精子数を40倍に増やすことができました。

すごいと思われるかもしれませんが、もともとたったの50万しかいなかったので40倍で2000万ですから、世間一般的にはかなり少ないと思います。

私は精子の数が50万しかいない高度乏精子症で、精子運動率も30%台の精子無力症を併発していました。

それだけではなく、膣内射精障害をも患っていたので、自然妊娠が困難な男性不妊でした。

子供が欲しくて欲しくてたまらなく、子供がいない人生は考えていませんでしたので、突き付けられた内容に当然ショックを受け、同時に男性としての存在価値を否定された気持ちでいました。

それでも子供を諦めることができなかったので、生活環境を改善し、精子について勉強して、精子に良いと言われているサプリを継続したことで精子数は40倍の2000万に、精子運動率は2倍の60%台にまで回復できました。

私には時間も余裕もなかったため、一度にたくさん行いましたので、どれがどの程度効果があったのかは知る余地もなく、確認の仕様がありません。

また精液量はどうでもよかったというのが本音です。精液量より精子が圧倒的にすくなかったということにしか目が行きませんでした。

それでもあの時、一大決心をして、継続できたからこそ、最愛の娘に巡り合えたと思っています。

あそこで頑張らなければもしかしたら今も不妊で悩み続けていたかもしれません。

精液量を増やしたいと思っているのであれば、今のあなたの現状を把握し、あなたが今できることを見つけ、それを改善することを早期に取り掛かるべきです。

あなたが何歳なのかはわかりませんが、不妊治療を経験した人は皆「もっと早くやっていればよかった」と必ず後悔します。

大人になってもっと勉強していればよかったと思うのと同じで、今はよくわからないかもしれませんが、いずれそう思います。そういうものなのです。

妊娠には年齢という容赦ないリミットが存在します。あなたの、あなたの奥様の年齢によっては妊娠が手遅れになる可能性があるのです。

ですから、今の妊娠できるという時間をどうか大切に過ごしてください。

そのために、あなたが自分で決めたこと1つでもいいので、継続してみてはいかがでしょうか?

想像してみてください。

あなたの今の迷いのせいで、妊娠するチャンスを逃し、周囲は子供がいて幸せそうなのに、自分には子供がまだいなく、もどかしい生活を送っている姿を。

想像してみてください。

子供が欲しくて欲しくてたまらないのに、愛するあなたの不妊が原因で泣いている奥様の姿を。

想像してみてください。

今、男性不妊や精子力改善に取り掛かったことで数か月後に精子力が改善し、奥様の妊娠が判明して、かわいいお子さんが産まれている姿を。

不妊治療には、まだいい、後でいいはありえません。

妊娠の可能性は1か月に1度しかありません。

1年に12回しかありません。

12回中12回挑戦できる保証もありません。

妊娠を諦めないでください。諦めるのはやれることを全てやってからでも遅くはないのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました